大谷2戦連発&マルチ「すごく順調。出来すぎなんじゃないかな」

[ 2018年4月5日 11:47 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―2インディアンス ( 2018年4月4日    アナハイム )

<エンゼルス・インディアンス>5回、中越え2ランを放ち、チームメートに祝福される大谷(右)(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平(23)が4日(日本時間5日)、本拠地でのインディアンス戦に「8番・DH」で2試合連続スタメン出場。5回の第2打席で2試合連続となる2号2ランを放った。延長10回にも中前打を放ち、この日は5打数2安打2打点1三振だった。

 オープン戦で無安打に抑えられていたクルバーからの同点弾。大谷は 対戦を「一通りデータは見て、今日も内角はしっかりきていた。全体的にやっぱりさすがというか、レベルの高い投手だと打席に立ってても感じた」と振り返った。そんな中、失投を見逃さずに本塁打し「投げミスが極端に少ない。その中でたまたま僕の打席であの球は投げミスだったんじゃないかなと思う。そこをしっかり打てたのは僕にとってラッキーだった」と話した。

 また、前日の初アーチとの違いを聞かれると 「どちらもうれしかった。いいところで打てたのは良かった。きょうもワンチャンスでしっかり最初のホームランでものにできたのは、流れ的には良かった」と笑顔を見せた。

 米メディアから「予想通りの活躍か?」と問われると、 「すごく順調に来ていると思う。やっぱりホーム開幕戦でしっかり本塁打が打てるのもあまり予想してなかったし、そういう予測もしてなかったので。いい方じゃないかな、出来すぎなんじゃないかなと思う」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース