巨人、ゲレーロ適時打で中日・松坂から先制!

[ 2018年4月5日 18:25 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2018年4月5日    ナゴヤD )

<中・巨3>初回1死一、三塁、ゲレーロは左前に先制適時打を放つ
Photo By スポニチ

 巨人打線と中日・松坂の注目の対決(ナゴヤドーム)は、初回にいきなり動いた。

 先頭・立岡が二塁への内野安打で出塁し、すかさず二盗を決めた。続く吉川尚の中飛で三進。そして坂本が四球。1死一、三塁からゲレーロが135キロカットボールを左前適時打し、先制した。

 なおも1死一、三塁の好機は続いたが、マギー、岡本が連続空振り三振。1点の先制にとどまった。

 ゲレーロは「カットボール。(先制点?)チームにとって良かったと思うし、自分にとっても良かったよ。巨人に来て最初の打点だからね」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース