大谷に聞く「まだ成し遂げてはいない。まずは明日頑張りたい」

[ 2018年4月5日 07:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス13―2インディアンス ( 2018年4月3日    アナハイム )

<エンゼルス・インディアンス>初回2死二、三塁、右中間へ3ランを放つ大谷
Photo By スポニチ

 【エンゼルス・大谷に聞く】

 ――勝利投手になった後、野手として次の試合で本塁打を放つのはベーブ・ルース以来97年ぶり。

 「凄く光栄なこと。今日より、この先の方が大事じゃないかと思う。今、振れているうちはいいですが、いろいろな投手が出てきて、自分のスイングができないときにどういうふうに超えていくのかが大事」

 ――初の3安打。

 「出てくる投手に対してもみんな振れていたし、その打線の中で自分が乗っていけた。もっと苦しい場面の時に、いい一本が複数出せるように頑張りたいと思う」

 ―日本ハム時代と同じ登場曲だった。

 「特になかったので継続した。慣れているかなという感じはする。場所は違うが、多少いつも通りのリズムで入れた」

 ――成し遂げたことに対する思いは。

 「まだ成し遂げてはいない。始まったばかりなので、終わったときにやりきったというシーズンにできるように一日一日、まずは明日頑張りたい」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース