大谷 6打席目初アーチは日本野手4位の早さ 最速は初戦初打席の松井稼

[ 2018年4月5日 07:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス13―2インディアンス ( 2018年4月3日    アナハイム )

<エンゼルス・インディアンス>初回2死二、三塁、右中間へ3ランを放つ大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が野手として出場2試合、6打席目で初アーチ。日本野手では初戦初打席に本塁打した松井稼、初戦2打席目の城島、初戦4打席目の福留に続き4位の早さ。

 なお投手は前田が16年にデビュー戦で初勝利した一方、2打席目にメジャー初本塁打も放った。前田以外は野茂が4本(初アーチは244打席目)、ダルビッシュ(同14打席目)と吉井(同141打席目)と石井(同142打席目)が1本ずつ本塁打している。

 また日本での大谷の初アーチは1年目の29試合、92打席目。1試合3安打以上は2年目の3試合目が初めてで、計15度。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース