広島・丸 トップタイ3号V3ラン!岡田6回2失点初星 カープ単独首位譲らず

[ 2018年4月5日 21:21 ]

セ・リーグ   広島5―4ヤクルト ( 2018年4月5日    神宮 )

<ヤ・広>5回、先制3ランの丸はナインに迎えられる
Photo By スポニチ

 広島は丸のセ・リーグトップに並ぶ3号決勝3ランなどで逃げ切り、単独首位を守った。

 5回、投手・岡田の安打と田中の内野安打で2死一、三塁と館山を攻め、丸が左中間に先制3ランを運んだ。同僚のエルドレッドに並ぶリーグトップの3号。1点差とされた7回には松山の押し出し四球、9回には菊池の1号ソロでダメ押しした。

 投げては今季初登板の岡田が6回を3安打2失点で初勝利。チームは連敗を阻止し、単独首位を守った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース