ヤクルト西浦 今季初スタメンで3安打2打点「明日が大事」

[ 2018年4月5日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―5広島 ( 2018年4月4日    神宮 )

<ヤ・広>4回2死一、二塁、西浦が左前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 今季初スタメンのヤクルト・西浦が、3安打2打点と猛アピールした。

 川端の抹消で回ってきた出番に「いつでも行ける準備はしていた」。初回は三塁線へのバント安打で出塁。4回に左前適時打、同点とされた直後の6回に決勝の中前適時打を放った。遊撃の定位置を狙いながら後輩の広岡に譲り、キャンプ後に2軍落ち。「悔しい気持ちとやってやろうという気持ちがあった」と結果を残して開幕1軍をつかんだ。勝利に貢献しても、試合後にベンチ裏で素振りを行い「明日が大事」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース