大谷記念球ゲットしたのは地元の“四刀流”少年

[ 2018年4月5日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス13―2インディアンス ( 2018年4月3日    アナハイム )

<エンゼルス・インディアンス>マシュー君とホームランボールとバットを交換する大谷(左)
Photo By 代表撮影

 エンゼルス・大谷のメジャー初アーチの記念球をゲットしたのは、地元オレンジカウンティー在住のマシュー・グティエレス君(9)。

 イ軍ファンのクリス・インコーバイアさん(33)が手にし、後ろに座っていたエ軍ファンのマシュー君にプレゼントした。好きな選手に大谷、プホルス、トラウトを挙げたマシュー君は「将来はメジャーリーガーになりたい」と目を輝かせていた。

 地元の少年野球チームでは投手、捕手、内外野もこなし、大谷も顔負けのマルチプレーヤーである。記念球は球団を通じて返したが、試合後に憧れの二刀流と記念撮影。サイン入りのバットとボールを直接手渡され、とてもうれしそうだった。(大リーグ担当・柳原 直之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月5日のニュース