バンデン 好投も無援1敗 外国人投手対決14度目で初黒星

[ 2018年4月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―2西武 ( 2018年4月4日    メットライフD )

<西・ソ>6回2失点と好投したバンデンハーク
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのバンデンハークが6回4安打2失点で今季初黒星を喫した。立ち上がりは制球に苦しみ、初回、4回と森に高めの直球を痛打され2点を失った。

 「初回はマウンドの感覚をつかむのに手探り状態だった。2回からはリズム、テンポ良く投げられた。接戦の試合こそ、先制点が大事になってくるし、先に失点しないように粘り強く、我慢強く投げないといけない」とコメントした。西武・カスティーヨとの投げ合いに敗れ、15年の来日以来、通算14度目の外国人投手対決で初の黒星となったが、工藤監督は「しっかり粘った」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース