阪神・高山 挽回マルチ 拙守のお返しには…金本監督「まだ足りません」

[ 2018年4月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―1DeNA ( 2018年4月4日    横浜 )

<D・神>初回無死一塁、鳥谷の捕飛で守備が乱れる間に二塁を狙った高山(右)が大和と激突
Photo By スポニチ

 勝利に和む帰り道で阪神・高山はバスに乗り込むまで表情を一切崩さず前だけを向いて歩いた。痛恨の拙守から3日後に放った名誉挽回の2安打。特に5回2死無走者から突破口を開いた右翼線二塁打は貴重な追加点の足がかりになった。

 「何とかファウルしながら、最後は甘い球を打てて良かった」

 飯塚に2球で追い込まれながら1ボールを挟んで4球目から4連続のファウルで粘りを発揮。最後は甘く入ったフォークを逃すことなく捉えて右翼線へ運び、続く鳥谷の適時二塁打で2点目の本塁を踏んだ。

 1日の巨人戦では4回にゲレーロの放ったライナー性の打球をグラブで弾く拙守(記録は二塁打)。逆転被弾につながり、金本監督から「自分の範囲のノーバウンド。責任を持って捕らないと」と叱責(しっせき)された。前日3日に横浜スタジアムで実施されたナイター練習では約45分間の特守。中堅に就いてノックを受け、「当然ですよ。2試合分くらいクリーンヒットでランナーを還してくれたらいい」と打撃での挽回を指令されたばかりだった。

 打点は付かなくても初回もフォークを捉えた左前打で今季2度目のマルチ安打。「初回と5回か。2点目の2死からのツーベースね。まあまだ足りませんよ。もっと行ってもらわんと」。見届けた金本監督は笑みを含みながらさらなる奮起を心待ちにした。開幕から先発出場した3試合全てで安打したように期待される打撃では好調を維持。意地と執念が垣間見えた夜だった。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース