初一塁の清宮 居残り特守も「体はだいぶ戻ってきている」

[ 2018年4月5日 05:30 ]

シート打撃で初めて一塁の守備に就いた日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 限局性腹膜炎からの復帰を目指す日本ハムの清宮がシート打撃で初めて一塁の守備に就いた。

 前日に2軍の全体練習に合流。この日は久々の実戦形式の練習に参加して「そういうことも大事。いい感じでできた」と明るい表情で話した。全体練習後には約1時間10分にわたり居残り特守。精力的にメニューをこなして「体はだいぶ戻ってきている」と手応えを口にした。順調な調整ぶりで、6日のイースタン・リーグ、巨人戦(ジャイアンツ)で実戦復帰する見込みだ。寮に引き揚げるとエンゼルス・大谷の初本塁打の動画をチェックし「見事というか、さすがです」と感嘆の声を上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース