オリ吉田正 我慢して逆転V弾「明らかに攻めが違う」

[ 2018年4月5日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス7―1ロッテ ( 2018年4月4日    京セラD )

<オ・ロ>初回1死一塁、吉田正が中越えに逆転の2号2ランを放つ
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正がフルスイングで流れを変えた。先制点を失った直後の初回1死一塁、二木の139キロ直球を渾身(こんしん)の力でバックスクリーンへ運んだ。逆転の2号2ランに「強いスイングができて、しっかりと押し込むことができた」と笑顔だった。

 自分を“制御”した。「去年までとは明らかに攻めが違う。打てる球をしっかり打つことが必要になる」。昨季以上の厳しい攻めを実感し、この試合でもスイングは2度だけ。3、4打席目は一度も振らずに四球で歩いた。「我慢して打ちに行って見逃すことができれば、率も上がる」と自らに言い聞かせる。

 連敗を2で止めた福良監督も「あの一発も大きかった」と評価。我慢と集中力で勝利を呼んだ。(桜井 克也)

 《来日初登板初勝利》新外国人投手のアルバースが6回3安打1失点の好投で来日初登板初勝利を挙げた。初回失点から2回以降は立ち直り、多彩な変化球を武器に8奪三振。「初登板で気持ちが高ぶりすぎて自分をコントロールできなかった」と苦笑いでも昨季マリナーズで5勝を挙げた実力の片りんを示した。陽気な性格で「オサキデース」と覚え立ての日本語を残し、上機嫌に球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース