イチロー 出番なしも敵地で大歓声“将来の殿堂入り選手”

[ 2018年4月5日 05:30 ]

インターリーグ   マリナーズ6―4ジャイアンツ ( 2018年4月3日    サンフランシスコ )

<ジャイアンツ・マリナーズ>タッチを交わして喜ぶマリナーズのイチロー(左)
Photo By 共同

 マリナーズ・イチローはジャイアンツ戦に出場せず、チームは6―4で勝った。開幕4試合目で初めて出番がなかった。

 相手の本拠開幕セレモニーでは「将来の殿堂入り選手」と紹介され、敵地ながら大歓声を浴びた。相手先発が左腕で、左翼には右打ちのヘレディアが起用された。「左投手にいい仕事をする。開幕してしばらくは、多くの選手にプレー機会を与える」とスコット・サービス監督は説明した。(サンフランシスコ・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース