×

巨人 連勝3でストップ ガルシアを打てず…坂本勇「球に力あった」

[ 2018年4月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―4中日 ( 2018年4月4日    ナゴヤD )

<中・巨>中日に敗れ、ガックリの高橋監督(中央)
Photo By スポニチ

 巨人の連勝は3で止まった。初対戦の中日・ガルシアから5回まで無安打ながら5四球を選んでいた。6回にマギーの適時打で1点を返したが、高橋監督は「ランナーが出たところで1点でも取れていたら」と序盤の拙攻を悔やんだ。

 ストライクとボール球がはっきりしていた相手に対し、2、3回にはともに2四球で1死一、二塁の好機をつくるが、あと一本が出ない。「球に力があった。変化球も良かった」と坂本勇。7回以降は相手救援陣に完璧に抑えられ、わずか2安打に終わった。

 左手甲の骨折で出場選手登録を抹消された陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)に代わり、1番で起用した中井は3打数無安打。指揮官は「レギュラーが離脱した。いろいろ考えていく」と状況を見ながら選手を起用していく。 (川手 達矢)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月5日のニュース