星稜また延長戦で涙 「県大会の半分」4点差はね返せず

[ 2014年8月21日 05:30 ]

<星稜・八戸学院光星>延長10回、星稜・村中は遊ゴロに倒れる

第96回全国高校野球選手権3回戦 星稜1―5八戸学院光星

(8月20日 甲子園)
 “ミラクル星稜”が力尽きた。4点を追う延長10回。くしくも先頭打者は村中主将だった。8点リードをひっくり返した県大会決勝・小松大谷戦も代打・村中の四球から奇跡が始まった。「あのときと同じやぞ!何か起こすぞ!逆転の星稜を見せてやれ!」。攻撃前に林和成監督はベンチで声を張り上げた。

 村中は遊ゴロに倒れ、続く谷川、中村も凡退。逆転の野望は一瞬でついえた。村中は「“まだ4点差、県大会の半分や”という声もあったし、負けるイメージはなかった」と唇をかんだ。星稜の延長戦は、箕島と延長18回の死闘を演じた1979年以来。またしても延長戦で涙をのんだ。

 世紀の大逆転劇で乗り込んだ甲子園。「小松大谷の選手に苦い思いを背負わせてしまった分、選手たちはしっかりやらないといけないと思っていた。あの試合は自信になったし、野球の怖さ、最後まであきらめない思いを学んだ」と指揮官。2勝を挙げた聖地でも確かな足跡を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年8月21日のニュース