安里 親友“沖縄のライアン”救ったサヨナラ打「大智の頼みなら」

[ 2014年8月21日 05:30 ]

<沖縄尚学・二松学舎大付>9回1死二塁、安里は左中間を破るサヨナラ適時打を放つ

第96回全国高校野球選手権3回戦 沖縄尚学6―5二松学舎大付

(8月20日 甲子園)
 2ケタ10三振を奪いながら5失点。大荒れの沖縄尚学の「ライアン」山城を救ったのは寮で同室の“親友”安里だった。「(山城)大智が粘り強く投げていたし、西平が僕の前で3度もバントしてチャンスをくれた。だからあの場面、絶対打とうと思った」。5―5で迎えた9回裏、1死二塁から4番・安里が大江の直球を快打。左中間を破る二塁打でサヨナラの走者を迎え入れた。

 県大会の6番から甲子園では4番に昇格した。ベンチを出る際に山城から“決めて来いよ”と声を懸けられた。「大智の頼みなら決めるしかない」と見事に応えた。初戦で14奪三振1失点完投勝ちした山城は13安打を浴びて5失点。「序盤は前傾して制球が乱れた。同点に追いついてもらってからは落ち着いて修正できた」と振り返った。過去6度ははね返されたカベを破り、初の「夏2勝」で8強入り。いよいよ次は夏の頂点を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月21日のニュース