日本文理・飯塚 逆転サヨナラ弾に感謝「言葉では表せない気持ち」

[ 2014年8月21日 11:20 ]

富山商戦に先発した日本文理・飯塚

第96回全国高校野球選手権大会3回戦 日本文理6―5富山商

(8月21日 甲子園)
 劇的な逆転サヨナラ本塁打に救われた日本文理のエース飯塚は「新井が打った瞬間に行ったと思った。言葉では表せない気持ち」と感謝した。

 7回まで4安打1点に抑えていたが、8回に「ストレートを打たれたのが悔しくて続けてしまった」とむきになり、6長短打を浴びて逆転を許した。「反省しないといけない。もう1回自分がしっかり投げられるということを見せたい」と心身ともにリセットして準々決勝に臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年8月21日のニュース