継投策が誤算…城北 末次監督、3番手・諸冨を「早く入れれば」

[ 2014年8月21日 05:30 ]

<三重・城北>2回1死一、二塁、中林に左前に適時打を打たれ打球を見送る城北・先発の安武

第96回全国高校野球選手権3回戦 城北5―7三重

(8月20日 甲子園)
 城北(熊本)は3人の継投で勝った初戦のようにはいかなかった。

 先発の安武が早々に崩れ、2回途中から救援した大西も三重を止められず2人で計6失点。3人目の諸冨が好投しただけに、末次敬典監督は「あれだけの投球をしてくれるなら早く入れればよかった」と悔やんだ。前回登板は4回1/3を投げて無失点だった大西は「始まってすぐに準備をしたので焦りはなかったが、逆球を打たれた。制球が甘かった」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月21日のニュース