元楽天のマギー 自身の三振後の行為に「バカだよね」

[ 2014年8月21日 17:59 ]

8回2死一、二塁の場面で三振したマーリンズのマギーはバットをへし折る (AP)

インターリーグ マーリンズ4―3レンジャーズ

(8月19日 マイアミ)
 マーリンズに所属する元楽天のケーシー・マギー内野手(31)が19日にマイアミで行われたレンジャーズ戦後に「しなければよかった」と後悔する場面があった。

 3―3と同点で迎えた終盤の8回、2死一、二塁と勝ち越しのチャンスで打席にはマギー。カウント2ボール2ストライクからレンジャーズ4番手・トールソンが投じた149キロの外角へのストレートに空振り。チャンスで三振に倒れたマギーはその後、怒り任せにバットを右足で真っ二つにへし折ってしまった。

 マギーのバットがこのような形で被害を受けたのは今回が初めてではなく、楽天時代の昨年にもあった。

 「バカだよね。バットに罪はないのに」とバットの持ち主は反省しきりで、今後は感情の抑制を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年8月21日のニュース