中日、守乱で投手戦ぶち壊し…Aクラス遠のくまさかの落球

[ 2014年8月21日 05:30 ]

<神・中>7回裏2死満塁、上本の打球を追って藤井(左)とぶつかり落球する2点適時失策を犯す大島
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日1―3阪神

(8月20日 京セラD)
 守乱で中日が阪神に連敗を喫した。

 1―1の7回2死満塁で、阪神・上本の浅い飛球を追った中堅・大島と左翼・藤井が衝突し、まさかの落球。痛恨の2失点に、谷繁兼任監督もあきれるしかなかった。「落とすというのは、どうなんでしょうね。競った試合でひとつのミスで負けるのは、何回も経験しているはず」。先発の浜田ら、投手陣の好投を台無しにするミスで借金は3に拡大。Aクラスが遠のいていく。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月21日のニュース