キヨシ 背信投球の山口を酷評「気迫が全く感じられない」

[ 2014年8月21日 05:30 ]

<D・広>4回途中降板のDeNA先発・山口

セ・リーグ DeNA9―11広島

(8月20日 横浜)
 序盤で2度リードを奪いながらDeNA・山口が3回0/3を7安打7失点の背信投球だ。

 「このような展開にして申し訳ない」とうなだれた右腕を、中畑監督は「リードを守り切ろうという気迫が全く感じられない。それで先発投手が終わっていいのか」と酷評。マウンドで叫びながら好投した広島の3番手・中田を引き合いに出し「あの闘争心を見習ってほしい」と続けた。3連敗で3位広島とのゲーム差は6・5に広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月21日のニュース