盛岡大付・松本 右肘痛に泣き9失点 涙なし「いずれはプロで」

[ 2014年8月21日 05:30 ]

<敦賀気比・盛岡大付>淡々とした表情で甲子園をあとにする盛岡大付・松本

第96回全国高校野球選手権3回戦 盛岡大付1―16敦賀気比

(8月20日 甲子園)
 涙は見せなかった。盛岡大付の松本は、ネクストサークルで敗戦を見届けた。「あの程度のボールなら簡単に打たれる。試合を壊してしまった。申し訳ない」と責任を背負った。2回に先制を許し、3回には8失点。強打を誇る敦賀気比の餌食となり、2回2/3を10安打9失点で降板した。

 岩手大会決勝で右肘に痛みが出た。電気治療、マッサージなどあらゆる手を尽くしたが150キロを投げる本来の姿には戻らなかった。初戦の東海大相模戦では多彩な変化球を駆使し、3失点で完投勝利を挙げたが、この日は「全力で腕が振れる状態ではなかった」という。最速は138キロ止まりだった。

 今後については「いずれはプロ野球に入りたい気持ちはある。また、ここ(甲子園)に戻ってきたい」と、目標を口にした。本調子で投げられなかった甲子園。松本の夏が終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年8月21日のニュース