アルプスの応援も甲子園の華 人文字の元祖はPL学園か

[ 2014年8月21日 07:30 ]

人文字で応援するPL学園応援団(06年4月撮影)

 甲子園の見どころは球児たちのプレーだけではない。アルプススタンドに陣取った対戦校同士の応援合戦、特にブラスバンドによる演奏は高校野球ファンを楽しませてくれる。最近ではオーケストラ顔負けの演奏をスタンドから響かせる高校もあるなど、かなりグレードアップし洗練されてきた印象を受ける。ただし、この応援スタイルは、一朝一夕に成り立ってきたものではない。今回は“甲子園の応援”についての歴史をひも解いてみた。

◎最初はアルバイト応援団長のどんちゃん騒ぎに過ぎなかった!

 1924(大正13)年から甲子園球場で大会が行われるようになった夏の甲子園大会。出場校は見よう見まねで応援しており、統率が全くとれていなかったという。そこで学校側がアルバイトとして応援団長を募集したが、集まった団長たちはしょせんアルバイト。その応援ぶりも、ただのどんちゃん騒ぎに過ぎなかった。

◎初期はケンカ!? 超ライバル校同士の激突は警察沙汰に!

 いかに統制がとれていなかったか。これは地方大会の出来事だが、高松商と松山商の応援団たちの“犬猿の仲”は有名だった。

 1925(大正14)年の両校の試合では敗れた松山商ファンが腹いせにグラウンドに石を投げはじめ、その後しばらく経つと、グラウンドに雪崩れ込んできた。標的にされた高松商ナインは70人ほどの警官に保護されて宿舎に引き上げたという。

 翌年は高松市内で試合が行われ、松山商ファンを返り討ちにしようとする高松商ファンもいたが、一部の心ある人々が立ち上がってそれを未然に阻止。両校の応援団を廃止し、町中に「両校の名誉のために観覧者諸君は静粛を保ち、選手に礼をもって接すること」というポスターを貼って、円滑に試合を進めたという。

◎戦時下の応援は地味に、閉会式では万歳三唱

 第二次世界大戦直前の1939(昭和14)年の甲子園大会では、派手な応援は禁止されてしまう。その代わり、閉会式は「万歳」で終わりにしなければならず、スタンドの観客は総立ちで「万歳三唱」を繰り返したという。また軍人・官僚が幅を利かせ、専用の“観戦席”ができるなど、甲子園のスタンドは混迷を極めた。

◎吹奏楽・人文字など現代的な応援の始まり

 戦後は日本の復興と歩調を合わせるように野球熱が高まり、高校野球の人気も例外ではなかった。それと同時に甲子園の応援スタイルも様々な形式がみられるようになり、戦前では考えられなかった女子チアリーダーの出現や、ブラスバンド演奏での応援、さらには「人文字」応援など現代的な応援が始まった。

 甲子園の人文字といえば智辯学園や智辯和歌山の“C”の文字やPL学園の“PL”の文字が有名。PL学園の人文字は1962(昭37)年、春のセンバツに初出場した時に甲子園で初披露されたという説が有力だ。最初は“P”の1文字だけだったが、次第にレベルを上げて、“GO”や “打て”など様々なバージョンが披露された。

 ちなみにブラスバンド応援の始まりについて、こちらもいつから甲子園で行われるようになったのかは定かではないが、神奈川県の大会史によると1964(昭和39)年夏の神奈川県大会で初めて、京浜女子大横浜高と神奈川県立高校の吹奏楽連盟が合同演奏を行ったそうだ。おそらくこの時代あたりから、各校でもブラスバンド応援が行われたのではないだろうか。

◎現代の応援は意外と“禁止事項”が多い!

 現在、甲子園では鉦(かね)・笛・和太鼓などの鳴り物禁止、大きな飾り物・着ぐるみ・紙テープ・紙吹雪禁止、選手個人名入りのノボリ・たれ幕禁止、地元での催物・特産物などのPRに関する物禁止、宣伝とみなされる企業名・贈り主名・商品名入りの旗や横断幕禁止……といったことが禁止事項となっている。

 昔は、熱狂的な応援団に対して主催者側は随分と苦労してきたが、現在ではテレビ放送の細かい権利についての規定があり、1日何試合も行う運営面で苦労していそうだ。こういったことからも時代の流れを感じることができる。(『週刊野球太郎』編集部)

 ▼スマートフォンマガジン『週刊野球太郎』(http:/yakyutaro.jp)では、甲子園情報を盛りだくさんで更新しています。これからの対戦カードのみどころ、『熱闘甲子園』の舞台裏を語るインタビュー、『砂の栄冠』など高校野球漫画でおなじみの三田紀房先生のインタビューなど充実の内容を取り揃えています。日本ハムの石井裕也独占インタビューも公開中です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月21日のニュース