済美 秋季大会アウトも いじめ問題で対外試合禁止へ

[ 2014年8月21日 05:30 ]

 日本高野連は20日、甲子園球場で定例の審議小委員会を開き、部内でいじめがあった済美(愛媛)の処分を9月9日に行われる日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。西岡宏堂審議委員長によると、一定期間の対外試合禁止処分が科される見込み。処分が長期間となる場合、来春のセンバツの選考資料となる秋季大会に出場できない可能性もある。

 同校によると、今月初旬に外部から情報があり、調査したところ、2年生部員からカメムシを食べるよう指示されたり、灯油を飲まされそうになった1年生がいたという。野球部は現在、活動を自粛している。上甲正典監督は「コメントすることは何もない。(処分は)任せる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年8月21日のニュース