第2ラウンドはサスペンデッド 松山は残り2ホールで8アンダー暫定3位 星野は3アンダー暫定25位

[ 2021年7月30日 18:14 ]

東京五輪第8日 ゴルフ男子第2R ( 2021年7月30日    埼玉・霞ケ関CC=7447ヤード、パー71 )

スコアを伸ばした松山英樹(AP)
Photo By AP

 雷雲接近による2度の中断を経てサスペンデッドとなった。

 世界ランキング5位のザンダー・シャウフェレ(米国)が2イーグル、6バーディー、2ボギーの63の好スコアをマークし、通算11アンダーで暫定首位に浮上した。

 67で回ったカルロス・オルティス(メキシコ)が通算10アンダーで暫定2位につけた。

 20位から出た松山英樹(29=LEXUS)は16ホールを終えて6バーディー、ボギーなし、通算8アンダーに伸ばしメダル圏内の暫定3位に浮上している。首位とは3打差。

 41位で出た星野陸也(25=フリー)は5バーディー、2ボギーの68で回り通算3アンダーの暫定25位。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース