フェンシング団体男子エペ 韓国を下し、決勝進出 初のメダル確定!

[ 2021年7月30日 14:54 ]

東京五輪第8日 フェンシング団体男子エペ ( 2021年7月30日    幕張メッセ )

フェンシング団体男子エペ日本代表(左から)山田優、加納虹輝、見延和靖、宇山賢(AP)
Photo By AP

 フェンシング団体の男子エペの準決勝が行われ、日本は宿敵の韓国を45-38で下し決勝へ進出。銀メダル以上が確定した。同競技としては今大会日本の初メダルとなる。

 宇山賢(29=三菱電機)、加納虹輝(23=JAL)、山田優(27=自衛隊)、見延和靖(33=ネクサス)の4人で挑んだ。1回戦は米国を45-39で下し、勝利。準々決勝では強豪フランスと対戦し、45-44で接戦をものにした。

 同日夜に行われる決勝ではROC(=ロシアオリンピック委員会)と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース