瀬戸も萩野もメダルなしで終了 それでも笑顔満開「幸せでした」「悔いはないです」

[ 2021年7月30日 11:22 ]

東京五輪第8日 競泳男子200メートル個人メドレー決勝 ( 2021年7月30日    東京アクアティクスセンター )

<東京五輪・競泳>男子200メートル個人メドレー決勝、レースを終え健闘を称え合う瀬戸大也(左)と萩野公介(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子200メートル個人メドレー決勝が行われ、瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)も萩野公介(26=ブリヂストン)もメダルを獲得できなかった。瀬戸は1分56秒22で3位とは0秒05差の4位、萩野は1分57秒49で6位。両者とも、今大会は「メダルなし」での閉幕となったが、表情には充実感が漂った。

 瀬戸 「今できるコンディションの中で全力は尽くせた。自分の思い通りにはいかなかったが、素晴らしい大会。精一杯の事はやれたので、すっきりしています。公介と一緒に、この夢の舞台を泳ぐことができて幸せですし、2人で戦えたことが幸せでした。メダルを獲れなかったが、それ以上に幸せな時間を過ごせました」

 萩野 「泳ぐ前から、いろんなことを思い出した。大也と東京五輪の舞台で泳げたのでうれしかった。(笑顔だったことに)もう、昨日で涙は枯れたのかもしれない。タイムは遅いかもしれないが、全力は出し切れたので、今の僕に悔いはないです」

 メダルなしの結果に終わったが、2人の顔には笑みが広がった。

 瀬戸は準決勝を全体の3位で通過するなど、土壇場で本来の力がよみがえってきたが、メダルには届かなかった。本命種目の400メートル個人メドレー、さらに200メートルバタフライに続いて、3つ目の種目も無冠に終わった。

 準決勝後に号泣した萩野も奮闘したが、及ばず。心身ともに負担の大きい400メートル個人メドレーを諦め、個人種目は一本に絞ったが、メダルまでは届かなかった。

 リオデジャネイロ五輪の栄光から考えれば、想像もつかないことだが、これも現実でもある。パリ五輪こそは、2人の雪辱に期待がかかる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース