雷雲接近で中断 星野は2アンダーで前半終了 松山は5ホール終了で4アンダー

[ 2021年7月30日 12:13 ]

東京五輪第8日 ゴルフ男子第2R ( 2021年7月30日    埼玉・霞ケ関CC=7447ヤード、パー71 )

男子 第2ラウンド、スタート前、丸山茂樹ヘッドコーチ(左)と話をする松山英樹
Photo By 共同

 第2ラウンドは正午前に雷雲接近により中断となった。

 41位で出た星野陸也(25=フリー)は前半9ホールを2バーディー、ボギーなしの34で回り、通算2アンダーに伸ばし、30位に浮上している。

 距離の短い6番パー4で第1打をグリーン左のバンカーに運び、1メートルに寄せて初バーディー。パー5の8番は第2打をグリーン左のバンカーに運んでピン側に寄せてスコアを伸ばした。

 20位から出た松山英樹(29=LEXUS)は5ホールを終えて2バーディー、ボギーなしで通算4アンダーの15位に浮上している。

 1番で6メートルを沈めてバーディー発進。3番では1・5メートルにつけて2つ目のバーディーを奪った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース