メダルへ跳べ!戸辺直人「状態がいい」余裕の予選通過 寝不足も吹き飛ばした

[ 2021年7月30日 11:58 ]

東京五輪 陸上 ( 2021年7月30日    国立競技場 )

陸上男子走り高跳びの戸辺直人
Photo By スポニチ

 陸上競技がスタートし、男子走り高跳び予選に出場した戸辺直人(29=JAL)が、13人が進んだ1日の決勝へ進出した。

 余裕があった。2メートル21の1本目を失敗したものの、2メートル25も2メートル28も危なげなく一発で成功。脚に違和感を感じながらも「状態はすごくいいので、このままやれば自己ベストが出たんじゃないかなと思う」という抜群の手応えで好パフォーマンスを見せた。「ワクワク感」から来る緊張の成果、前夜は深夜1時まで寝られず、この日は4時半に起床した。蒸し暑い中でも、日本のエースは「ずっとメダルを目標にしてきた」という大会で力を出した。

 衛藤昂(30=味の素AGF)は2メートル25を失敗して予選落ちした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース