萩野公介「夢見心地」 東京五輪で盟友・瀬戸とのレースを満喫「これ以上の幸せはない」

[ 2021年7月30日 14:00 ]

東京五輪第8日 競泳男子200メートル個人メドレー決勝 ( 2021年7月30日    東京アクアティクスセンター )

<東京五輪・競泳>男子200メートル個人メドレー決勝、レースを終え健闘を称え合う瀬戸大也(左)と萩野公介(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子200メートル個人メドレー決勝で瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)は1分56秒22で4位、萩野公介(26=ブリヂストン)は1分57秒49で6位だった。

 9歳の初対決から18年。幾多の名勝負を繰り広げてきた両雄が地元開催の大舞台で激突。ともに全盛期にはほど遠い泳ぎでメダルには届かなかったが、苦難を乗り越えて掴んだ至福のレースを満喫した。

 萩野は「大也と一緒に泳げてこれ以上の幸せはない。夢見心地。1分57秒は遅いけど、ちょっと長くてよかったかなと思う。いい結果ではなかったが、集中して自分のやりたいレースはできた。いい1日だった。ロンドン(12年ロンドン五輪)、リオ(16年リオデジャネイロ五輪)はメダル獲った。今回は順位悪いけど、一番幸せな五輪だった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース