棒高跳び世界王者のケンドリクス コロナ陽性で五輪欠場 一緒に練習の豪州陸上全選手隔離

[ 2021年7月30日 05:30 ]

サム・ケンドリクス(ロイター)

 米国オリンピック・パラリンピック委員会は29日、陸上男子棒高跳びで世界選手権2連覇中のサム・ケンドリクスが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、東京五輪を欠場すると発表した。16年リオ五輪の銅メダリストは現在は隔離されており、症状は出ていない。また、同じく男子棒高跳びのヘルナン・キラビリオ(アルゼンチン)も陽性者となり、棄権することをSNSで報告した。

 2人の感染は他国にも影響を与えている。オーストラリア・オリンピック委員会は、陸上チームの全選手とスタッフを隔離したと発表。ケンドリクスと一緒に練習した3選手は、検査を受けて陰性だった。3選手以外の選手、スタッフは、活動再開を許可された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月30日のニュース