大坂なおみ 3度目GS制覇!歓喜の瞬間コートに仰向け…笑顔「ケガをしたくないので安全に寝転んだ」

[ 2020年9月13日 07:42 ]

テニス全米オープン第13日 ( 2020年9月12日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

優勝トロフィーにキスする大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は元世界1位で同27位のビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)に1―6、6―3、6―3で逆転勝ちし、2年ぶりの優勝を果たした。試合時間は1時間53分の熱戦を制し、18年全米、19年全豪に続く、4大大会3勝目。優勝賞金300万ドル(約3億1800万円)を手にし、世界ランキングが3位に上昇することも確定した。

 コートに仰向けに寝転んで、大坂が優勝を噛みしめた。3度目のグランドスラム制覇。表彰式でトロフィーを掲げ「今年の初めは調子が良くなかったが、チームの皆が私を信じてくれた。優勝して崩れ落ちる時もあるが、ケガをしたくないので安全に寝転んだ。また来年もここに帰ってきたい」と笑顔を見せた。フィセッテ・コーチをはじめとするチームスタッフ、応援に駆け付けた交際中のラッパー、YBNコーデー(23)らと喜びを分かち合った。

 第1セットは第1ゲームをいきなりブレークされてリズムを失い、第5、第7デームでもブレークを許した。ラケットを地面に叩きつける場面があるなど平常心を保てなかった。第2セットも第2ゲームで先にブレークを許したが、第3ゲームをブレークバック。第7、第9ゲームでも相手サービスを破った。最終セットは第4ゲームで先にブレーク。自身サービスの第7ゲームを失ったが、第8ゲームをブレークして優勝を引き寄せた。

 入場時には14年にオハイオ州で警察官の発砲を受けて死亡した12歳(当時)の黒人少年タミル・ライス君の名前が入ったマスクを着用した。銃のようなものを所持した少年がいるとの通報で駆け付けた警察官がライス君に発砲。手にしていたのはエアガンと判明した。大坂は今大会は決勝までの試合数に合わせて黒人被害者の名前入りマスクを7枚用意。全てを披露した。

 19年全豪で頂点に立ち、アジア人で男女通じて初めて世界ランキング1位に就いたが、その後は苦しんだ。2度のコーチ交代など試行錯誤を続けながら、つかんだ優勝は勢いで頂点に上り詰めた、18年全米、19年全豪とは違う。今後はクレーコートに戦いの舞台を移し、27日開幕の全仏オープンでグランドスラム連覇を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース