川畑和愛、収穫と課題のフリー「前半は曲に乗りながら滑れた」

[ 2020年9月13日 14:40 ]

フィギュアスケート・ドリーム・オン・アイス最終日 ( 2020年9月13日    KOSE新横浜スケートセンター )

フィギュアスケート「ドリーム・オン・アイス」でフリーを披露する川畑和愛(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 女子で昨年の全日本選手権3位の川畑和愛(18=早大)がフリー「夢二のテーマ・Sikuriadas」を舞った。冒頭のルッツ―トーループの連続3回転ジャンプに着氷するなどスムーズな滑り出し。曲調が変わった後半は3回転サルコーで転倒するなど課題が見つかったが、「前半は凄い落ち着いて曲にしっかり乗りながら滑れた。後半は少しジャンプが乱れたが、最後のコレオは力いっぱい滑れた」と振り返った。

 昨季はジュニアながら全日本3位。今季はシニアに転向し、再び全日本の表彰台をうかがう。2日間の演技を終え「今回、試合形式で滑ることができて感謝しています。ドリーム・オン・アイスで滑った経験を生かして、緊張感に負けずにできることを出せるように1つ1つ目標を達成できるように」と前向きに語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース