奈紗、日本勢最上位36位で突破も「フラストレーションたまるラウンドだった」

[ 2020年9月13日 04:15 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション第2日 ( 2020年9月11日    米カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

第2ラウンド、通算1アンダーでホールアウトした畑岡奈紗
Photo By 共同

 畑岡は73と落としたが、日本勢最上位の36位で決勝進出した。

 「最低限の目標ではあったので、とりあえず予選は通れて良かった」。19位スタートだったが、フェアウエーキープ率50%とティーショットがぶれた。出だしの10番で1打目を右ラフに打ち込みボギー発進。2オーバーで折り返すと、後半も3バーディー、2ボギーと一進一退で「フラストレーションのたまるラウンドだった」。それでも12、13番で3メートル前後のチャンスをつくるなど、アイアンショットの状態は良い。「チャンスにはつけているのであとはパットを決めるだけ」と決勝を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース