大坂なおみ 2年ぶり全米V!第1セットダウンから逆転に「頑張るしかないと思っていた」

[ 2020年9月13日 07:12 ]

テニス全米オープン第13日 ( 2020年9月12日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

全米オープン女子シングルス決勝でポイントを奪い雄叫びを上げる大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 テニスの全米オープン第13日は12日(日本時間13日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は、同27位のノーシード、ビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)と対戦。1―6、6―3、6―3でフルセットの末に勝利し、2年ぶりの優勝を果たし、四大大会3勝目を手にした。

 優勝インタビューで大坂は「本当に強い相手だった」とアザレンカを称えた。そして、「私のチームのみんなに感謝します。みんな一緒に頑張ってくれた仲間です。私の力を信じ続けてくれました」と言い、優勝が決まった瞬間、コートにあお向けになったことについては「試合が終わった時、崩れ落ちる時ってあるますけど、私はケガしたくないんで安全に寝転がりました」と笑わせた。第1セットダウンから逆転には「頑張るしかないと思っていただけです」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース