鍵山優真 ノーミス新SP披露「最初から最後まで楽しめた」

[ 2020年9月13日 05:30 ]

「ドリーム・オン・アイス」

「ドリーム・オン・アイス」でSPを披露する鍵山
Photo By 代表撮影

 フィギュアスケートのアイスショー「ドリーム・オン・アイス」が12日、横浜市内で開催され、今季からシニア転向した昨季の冬季ユース五輪金メダルの鍵山優真(17=神奈川・星槎国際高横浜)とジュニアGPファイナル王者の佐藤駿(16=埼玉栄高)が新ショートプログラム曲を披露した。

 鍵山はシルクロードをテーマにした「Vocussion」でサルコー、トーループ2種類の4回転ジャンプなどノーミスの演技を見せ「最初から最後まで楽しめた」と話した。佐藤は「パイレーツ・オブ・カリビアン」を演じ、「ステップがとても気に入っている」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース