トルソワ“先輩”、4回転3本チャレンジ ルッツ転倒もプルシェンコ氏は拍手

[ 2020年9月14日 01:10 ]

フィギュアスケート・ロシアテスト大会最終日 ( 2020年9月13日    ロシア・モスクワ )

アレクサンドラ・トルソワ
Photo By スポニチ

 ロシアのシニア強化選手らが集結し、女子でフリー世界最高得点を保持するアレクサンドラ・トルソワ(16)が今季のフリーの演技を披露した。

 冒頭の大技4回転ルッツに転倒も、「ロミオとジュリエット」の音楽に乗って4回転―3回転の連続トーループや単発の4回転トーループに着氷。強すぎることから日本のファンから「先輩」との異名を取っている16歳は、クリムキンイーグルからのルッツ―ループの連続3回転など高難度のコンビネーションも見せた。

 演技終了後には、今季から師事する06年トリノ五輪王者の“皇帝”プルシェンコ氏も拍手を送っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月13日のニュース