渋野、好スコア「67」で21位浮上!8差で最終Rへ「久しぶりの試合での60台。正直ビックリ」

[ 2020年9月13日 07:26 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション第3日 ( 2020年9月12日    米カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

渋野日向子
Photo By スポニチ

 52位から第3ラウンドをスタートした渋野日向子(21=サントリー)が6バーディー、1ボギーの67と伸ばし、通算4アンダーの21位に順位を上げた。首位とは8打差。

 【渋野に聞く】
 ――素晴らしいラウンドでした。1日を振り返って。
 「久しぶりの土曜日のゴルフだったので、すごいのびのびと楽しくできたのがよかったのかなと思います」

 ――いきなり長いのが入って流れに乗れた感じでした。
 「本当に最後まで集中力は切らさず、粘れるところは粘って、パーをしのいで、バーディー決めるところは決めて、という、本当に絵に描いたようなゴルフができたかなと思います」

 ――18番。きょうはいいバーディーでしたね。
 「とりあえず昨日、ボギー取ったところは、昨日よりは絶対に良いスコアでバーディー取るぞと思っていたので。18番やっと取れて良かったです」 

 ――きのうからきょうにかけて修正したところは。
 「コーチと話しながらだったんですけど。きのうも“スイングは悪いことはなかったよ”と言われてて、とりあえずピン狙いすぎだと言われたので。そこは気持ちも問題ではあったのでいつもとリズムを意識しながら練習していました」

 ――スコアの「67」に関しては。
 「久しぶりの、試合での60台。自分が思ったよりもいいスコアが出てくれたので、正直ビックリはあるんですけど、すごいうれしかったです」

 ――昨日終わった後、どこのタイミングで切り替えられた?
 「上がってから、取材のときもすごい自分に腹が立ってたんですけど。青木コーチと話ししてからかな。“とりあえず、もう通ったらこっちのもんだ”と言ってもらえてから、気分が変わりましたかね」

 ――最終ラウンドに向けて
 「昨日の後半の分全部取り返すことが1日でできたので、明日は悔いが残らないように。明日は攻めのゴルフをしてもいいかなと思うので、しっかり攻めて、良いスコアで、笑顔で終われるように頑張りたいと思います」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース