伊達公子さん 大坂なおみ全米Vに「苦しみの時間があったからこそ」

[ 2020年9月13日 08:02 ]

テニス全米オープン第13日 ( 2020年9月12日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

伊達公子さん
Photo By スポニチ

 テニスの全米オープン第13日は12日(日本時間13日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は、同27位のノーシード、ビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)と対戦。1―6、6―3、6―3でフルセットの末に勝利し、2年ぶりの優勝を果たし、四大大会3勝目を手にした。

 女子テニスの元世界ランキング4位の伊達公子さん(49)は、生中継したWOWOWのテレビ解説の中で「苦しみの時間があったからこそ。もう1度自分自身で勝てるものは持っている、でも勝てない時間が長く続いてしまった。そこで彼女が乗り越えた部分というのが、今回のじっくりと地に足をつけて勝ち勧めた要因になっていると思う。チーム全員で勝ち取った勝利でもあると思う」と話した。そして、アザレンカについても「素晴らしかった」と称えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月13日のニュース