×

「純烈」メンバー2人が突然の整形告白「テングザルみたいになっちゃった。失敗したかな?と」

[ 2022年5月24日 20:33 ]

「純烈」の白川裕二郎(左)と後上翔太
Photo By スポニチ

 純烈の白川裕二郎(45)と後上翔太(35)が24日、ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)にゲストで生出演。「僕たち2人、整形してますから」と整形経験をぶっちゃける場面があった。

 火曜パートナーのお笑いコンビ「相席スタート」山崎ケイから美容について質問されると、白川が「僕たち2人、整形してますから」と突然の告白。山崎と「ナイツ」の塙宣之、土屋伸之が驚きの声を上げる中、「ヒアルロン酸をシワに打ったり…」と“プチ整形”の具体的な方法も明かした。

 これまでの取材でも整形について話すことはあったが「どの媒体も載せてくれない」と後上。ヒアルロン酸は注入しても約3カ月で消えてしまうそうで、「目元の近辺とかちょっと打って、ふっくらしたかわいい感じになるかなと思ったんですけど。その瞬間は“やったでしょ”と言われるぐらい変化がある。でも、3カ月で元通りになったので何の効果も残っていない」と残念そうに話した。

 “整形”をしたのは6年ほど前だったという。白川は「ほうれい線と鼻の付け根、目頭にプクって入れたんです」としたが、仕上がりは「テングザルみたいになっちゃった。あれ?失敗したかなと、びっくりしちゃった」。スタジオが笑いに包まれる中、「今はピーリングをやったりとか、フラクショナルレーザーといって、レーザーを顔に当てて毛穴をなくしていくみたいな」と現在も美容に気を遣っていることを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月24日のニュース