×

井戸田潤 メガネ店でイラッ 完成した老眼鏡をかけるも…「はぁ?と思って。誰が悪いんだって問い詰めた」

[ 2022年5月24日 15:33 ]

井戸田潤
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(49)が23日深夜放送のABEMA「スピードワゴンの月曜TheNIGHT」に出演。メガネ店で憤慨したエピソードを披露した。

 オープニングトークで、相方の小沢一敬から「お前最近ギスギスしてるぞ。聞いたら、老眼鏡問題起きたらしいな」と振られると、井戸田は「こないだ老眼鏡を作りにいったのよ」と語り出した。その際「遠近両用を作った」といい「ちょっと目線を下げると老眼鏡にもなるっていうことで。老眼鏡としてのパワーは落ちるけどそっちのほうが初心者はいいと思って作ったのよ」と説明。そして、1週間後に出来たメガネを取りに行くと「(視界)全部ぼやぼやだったのよ。こんなことあるのと思って」と、度が全くあっていなかったという。「メガネ作りにいって、できました。それがぼやぼやってこんなことある?聞いたことないよ、俺」と当時の怒りを振り返った。

 その際、井戸田は「ぼやぼやですよ、どういう事なんですか?」と店員に聞いたという。すると「“遠視と老眼のセットを作った方っていうのは、最初みなさんそうおっしゃいますよ。井戸田さんまだまだ分かってらっしゃいませんね”みたいな感じできた」といい「はぁ?と思って。結局誰が悪いんだって問い詰めたわけよ」と回想。「なかなかのクレーマーの扱いよ。そしたら1番最初にレンズ計った人が出てきて、言った言葉が“すいません。私がレンズを取り間違えてました”って言ったのよ。“ほらそっちが悪いじゃないか”みたいな話になってさ」と明かした。

 結局「1度目であんなに厳密に検査して楽しみに来たのに、また次もぼやぼやだった場合、俺どうしたらいいか分からない。だから、“老眼だけを作ります”って言って、今預けてる最中」だといい「また1週間後に取りに行くけど、次ぼやぼやだったら俺は許さないよ」と語気を強め語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月24日のニュース