×

篠原涼子、“変わっている”と言われる独特のこだわり「骨付きの鶏肉があるじゃないですか」

[ 2022年5月24日 12:47 ]

ヘアケアブランド「Perle Savon」新商品発表会に出席した篠原涼子
Photo By スポニチ

 女優の篠原涼子(48)が24日、都内で行われたヘアケアブランド「PerleSavon」新商品発表会に、パンツェッタ・ジローラモ(59)とともに出席した。

 今回、シャンプー&トリートメントをプロデュースした篠原。髪質が変わってくる中で、いろいろなものを試したが、これといったものが見つからないと思っていた矢先、同プロデュースの話がきたそうで「自分で開発したお気に入りのシャンプーを作ってみたいなと思って、イメージもすぐ湧いたので早めにできました」といい、もっとも推したい点を聞かれると“香り”と答え「石鹸みたいな香りが昔から憧れていて、中学生くらいのときに石鹸みたいな香りがあったらいいのになって思っていたので、大人になってこういうお仕事をさせていただいて、まさかこういうことができるって思ったときに、中学生のときに思ったあの香りを自分で作れたらいいなと思いました」とコメントした。

 しかし、理想的な石鹸の香りにすることが難しかったそうで「昔あった赤いパッケージの石鹸の香りがすごく好きなんですけど、なかなかあの香りに近づけるのが難しくて…。ちょっと甘さも入れたので“石鹸だ!”という香りじゃないかもしれないんですけど、石鹸に近いという感じにはなっていると思います」と語り、「お風呂上がりに部屋の中がこの香りで充満するんですよね。それがすごく心地いいというか、アロマにもしちゃいたいくらい香りはおすすめです」とアピールした。

 こだわって作った同商品にちなみ、人から変わっていると言われるような独特のこだわりを聞かれた篠原は「基本的に全部変わっているかもしれないんですけど、骨付きの鶏肉があるじゃないですか。あれをまったくの骨になるまで食べちゃう」と打ち明けて笑いを誘い、「軟骨もバリバリ食べちゃったり、1本を食べるのに時間をかけるので、変わってるねって思われていると思います」と吐露。さらに「タクシーを降りるときに『ごちそうさまでした』って言っちゃったりしたことがあって、変な人だなと思われたと思います(笑)」とエピソードを告白した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月24日のニュース