×

武井壮 小山田圭吾の辞任劇は“いじめ”への「初めての断罪」

[ 2021年7月20日 10:02 ]

武井壮
Photo By スポニチ

 タレントで元陸上競技十種競技の日本王者・武井壮(48)が20日、レギュラー出演するフジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。過去のいじめ問題が発覚し、東京五輪開会式の楽曲担当を辞任すると発表したミュージシャンの「コーネリアス」こと小山田圭吾(52)の問題について言及した。

 武井は今回の騒動について「行っていた行為がかなり、僕らが想像する以上に悪かったということ、それがまず1つ。それをさらに雑誌で、それを楽しんでいたかのように、言ったらセカンドレイプ的にもう一度、被害者の方を傷つけるような行為があったこと。その2つがあって、それがまったく断罪されていない状態で今を迎えている」と指摘。そのうえで「にもかかわらず、強力な国際的な意味合いを持つ、名誉職でもあるオリンピックの楽曲を担当するということが世間に露見して、それを許すまじ!とした世間の健全性が非常に強く表れたんだろうなと思う」と持論を展開した。

 さらに「これ(今回の炎上、辞任)が彼が行ってしまった行為の初めての断罪だったかなと思うので、辞任はやむなしだと思う」と見解を示した。

 小山田は過去の雑誌のインタビューで、同級生を跳び箱に閉じ込めたり、障がいのある生徒をからかったりしたことを告白。16日には自身のツイッターで謝罪しつつ、辞任の意向は示さなかった。17日、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長が続投を表明したが、小山田が19日に一転、ツイッターで辞意を表明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年7月20日のニュース