コロナ感染の田中圭主演舞台 公式サイトで「多大なご心配・ご不安を」 予定通り公演

[ 2021年7月20日 14:12 ]

田中圭
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスへの感染が発表された俳優の田中圭(37)の主演舞台「もしも命が描けたら」(8月12~22日、東京芸術劇場プレイハウス)の公式サイトが20日に更新された。

 公式サイトには「大切なお知らせ」としてメッセージが掲載され、「『もしも命が描けたら』主演の田中圭が新型コロナウィルスに感染したことが発表されました。現在、保健所の指導に従い療養をしております。公演を楽しみにしてくださっている皆様に多大なご心配・ご不安をおかけして大変申し訳ございません」とファンに謝罪した。

 「カンパニーに濃厚接触者はおりません」としたうえで「キャスト・スタッフ一同、感染予防に万全を期して、みなさまの心に残る作品になるよう、努めてまいります。8月12日からの東京公演は予定通り行う所存です」と公演は予定通りであるとしたうえで「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」と締めくくった。

 田中の感染は20日朝、所属事務所から発表。田中は18日に発熱の症状が見られたため、同日PCR検査を実施し、翌19日に陽性であることが確認された。田中の症状は発熱中心だといい、現在は自宅で療養している。放送中のフジテレビドラマ「ナイト・ドクター」(月曜後9・00)に主要キャストの1人として出演中だが、フジテレビによると、すでに14日にクランクアップしており、今後の放送には影響はないという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月20日のニュース