酒井政利さん死去 ジュディ・オング「どれだけ泣いても、涙が止まりません」

[ 2021年7月20日 05:30 ]

酒井政利さん(2014年撮影)
Photo By スポニチ

 音楽プロデューサーの酒井政利(さかい・まさとし)さんが16日午後7時5分、心不全のため都内の病院で死去した。85歳。和歌山県出身。葬儀は近親者で済ませた。

 ▼谷村新司(酒井さんがプロデュースした「いい日旅立ち」を作詞作曲)突然の訃報にただ驚いています。プロデューサーとしての素晴らしい発想はまさに酒井さんならでは。同じ時代を共有できたこと、刺激をたくさんくださったことに感謝しています。

 ▼ジュディ・オング どれだけ泣いても、涙が止まりません。私の大好きな酒井さんが、もういらっしゃらないなんて…。歌手としての私を信じて制作してくださった「魅せられて」は、私の宝物です。残された者が輝いて歌うことが一番の供養であり、喜んでいただけると思い、歌い続けていくつもりです。

 ▼氷川きよし(酒井さんプロデュースの「満天の瞳」で日本有線大賞受賞)寂しい気持ちでいっぱいです。お忙しい中、いつもコンサートを見に来てくださって、お会いすると、優しくお声を掛けてくださり、本当に温和で、笑顔でいらっしゃる酒井さんでした。どうか、安らかに。そして、いつまでも見守っていてください。

 ▼青山和子(「愛と死を見つめて」)「愛と…」では、酒井さんが、当時まだヒット曲がなかった私を歌い手として推薦してくれ、さらに必死になって全国一緒に動いてくれました。酒井さんがいろんなことを教えてくれ、導いてくれ、本当に感謝しております。最後にお会いしたのは2018年、池袋でやっていた「マコとミコ」というお店にお越しいただいたときでした。凄い立派な花束を持ってきてくださったことを覚えています。その時のお顔は忘れません。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月20日のニュース