タレントの友寄蓮 26歳上の西岡真一郎小金井市長との結婚&妊娠を発表

[ 2021年7月21日 00:14 ]

友寄蓮公式インスタグラム(@ren_tomoyose)より

 タレントの友寄蓮(26)が20日、自身のインスタグラムを更新し、東京都小金井市長の西岡真一郎氏(52)との結婚と妊娠を公表した。

 友寄は「世話になっている皆様へ」として「このような大変な状況の中 私事ではありますがご報告させていただきます 2021年春 西岡真一郎さんと結婚を致しました」と報告。

 友寄は「献血活動や地域イベント等を通じて知り合うようになり 世代の差はありますが互いに尊敬し合える存在となりました 今では一緒にいると笑いの絶えないそっくりな2人です」とし、さらに「また私達の間に新しい命を授かりました 来冬には新しい家族が誕生します とても新鮮で嬉しいことです 大きな人生の節目や初めてのことが続く日々ですが 陽だまりのような家庭を築けるよう 夫婦として支え合いながら歩んで参ります 未熟な2人ですので温かく見守っていただければ幸いです 早くいつもの日常を取り戻し 皆様に親しくお会いできる日が来ることを心待ちにしています 最後になりますが皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします」とつづっている。

 友寄は小金井市出身で19年には「第5回こがねい浴衣美人コンテスト2018」にも選出。高2の時に急性リンパ性白血病になり、100回以上の輸血を受けた経験もあることから、「彩の国けんけつ大使」も務めている。

 西岡氏は93年に自民党本部事務局に入職。新党さきがけ事務局勤務を経て97年に無所属で小金井市議選に出馬し初当選。05年に東京都議選に民主党公認で出馬し当選。15年に無所属で小金井市長選に出馬し当選。現在2期目を務めている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月20日のニュース