「WATWING」9・22メジャーデビュー!ホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループ

[ 2021年7月20日 04:00 ]

メジャーデビューが決まり、笑顔でポーズを決めるWATWINGのメンバーたち。(左から)古幡亮、鈴木曉、高橋颯、桑山隆太、八村倫太郎、福澤希空(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 女優の石原さとみ(34)や綾瀬はるか(36)らを輩出した大手芸能事務所「ホリプロ」が1960年の創業以来、初めて手掛ける男性ダンス&ボーカルグループがメジャーデビューする。6人組グループ「WATWING(ワトウィン)」で、9月22日にメジャーデビューEP「Take off,」をリリース。伸びしろを感じさせる“完成度99%”の高いパフォーマンス力を武器に新たな旋風を巻き起こす。

 2019年に実施された「Star Boys Audition」の合格者により結成された6人組。一糸乱れぬフォーメーションダンスと、透明感のあるハイトーンボイスやラップを取り入れた歌唱シーンが目を引くグループだ。リーダーの古幡亮(23)は「新たな人生の大事な第一歩。全ての人に感謝を伝えていきたい」とメジャーデビューを前に気を引き締めた。

 19年6月の結成から2年。すでに公式YouTubeチャンネルの登録者数は1万人、公式LINEアカウントは約5000人を超え、飛躍の兆しを見せていた。喜びの一報を聞いた時、メンバー全員がスタジオ練習中だったといい、現役高校生の桑山隆太(17)は「うれしすぎて大泣きしちゃいました」と照れ笑い。すると「泣き虫だもんな」「凄い泣いてたよね」などツッコミの嵐。結成以降、朝から晩まで全員でハードトレーニングを積み、築き上げたメンバー同士の信頼関係も魅力の一つだ。

 そんな「WATWING」が目標とするのは、韓国の人気グループ「BTS」。メインボーカルを務める高橋颯(23)は「大きな夢は東京ドーム。いつかはドームツアーを目指していきたい」と決意を語った。

 この日都内で行われたワンマンライブで、ファンにメジャーデビューを報告。高橋は「東京ドーム5万人の前でライブをすることが夢。その道のりを、これからも一緒に過ごしていきましょう!」と呼び掛けた。

 ≪韓国勢に地方勢に男性グループ戦国時代≫男性グループは戦国時代だ。世界的人気の「BTS」など韓国勢に加え、GENERATIONSなどEXILEの弟分、超特急やDISH//など男性俳優集団「EBiDAN」から生まれたグループ、名古屋を拠点とする「BOYS AND MEN」など地方にも存在する。誕生が相次ぐ背景について、レコード会社関係者は「メジャーシーンに出なくても、ライブやグッズ、ファンクラブの収益があれば、ビジネスとして十分に成り立つことが大きいのでは」としている。

 ◇高橋 颯(たかはし・ふう)1998年(平10)5月8日生まれ、埼玉県出身の23歳。20年1月には舞台「デスノート THE MUSICAL」にL役で出演。1メートル72。

 ◇鈴木 曉(すずき・あさひ)1998年(平10)2月15日生まれ、宮城県出身の23歳。天然なキャラクターで、ハイトーンボイスが魅力。趣味は筆で文字を書くこと。1メートル80。

 ◇桑山 隆太(くわやま・りゅうた)2004年(平16)1月27日生まれ、東京都出身の17歳。20年にAbemaTV「今日、好きになりました」に出演し、若い世代に人気。1メートル74。

 ◇古幡 亮(ふるはた・りょう)1997年(平9)11月8日生まれ、長野県出身の23歳。最年長メンバーでリーダーを務め、ダンスの振り付けやライブ演出も担当。1メートル74。

 ◇八村 倫太郎(はちむら・りんたろう)1999年(平11)7月28日生まれ、神奈川県出身の21歳。慶大文学部4年で英語、中国語が堪能。ライブMCを務める。1メートル78。

 ◇福澤 希空(ふくざわ・のあ)2004年(平16)2月22日生まれ、愛知県出身の17歳。これまで三浦大知やSuperflyら多くのアーティストのMVでダンスを披露。1メートル70。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月20日のニュース