劇場版「シン・エヴァ」8月13日から日本含む世界で配信

[ 2021年7月20日 10:00 ]

8月13日からアマゾンプライムビデオで独占配信される「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のキービジュアル
Photo By 提供写真

 人気アニメシリーズの完結編で大ヒット中の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が8月13日からアマゾンプライムビデオで、プライム会員向けに配信される。240以上の国と地域での配信も決まり、劇場版アニメの大作では日本初のケースとなる。

 現在、劇場公開されているのは、初回公開分に細かな修正が加わったものだが、配信バージョンはさらに手が加わった「EVANGELION 3.0+1.01 THRICE UPON A TIME」となる。

 3月8日の公開から4カ月あまりで興収100億円を突破。その魅力に取りつかれたリピーターも続出する中、一部の劇場を除いて21日で終映となる。

 劇場版の総監督などを務めた庵野監督は、世界規模の配信について「コロナ禍で劇場公開での提供が困難な中、海外のファンの皆さまにできるだけ早く作品をお届けする最善の方法」とし、可能な限り大画面での視聴を期待している。

 また「エヴァ」シリーズでは、既にプライムビデオで「:序」「:破」「:Q」を見放題で独占配信中で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」全4作品の視聴が可能となる。プライムビデオのコンテンツ事業本部長、児玉隆志氏は「前作を含む4作品を夏休みにぜひお楽しみ下さい」とコメント。難解とされる作品世界をより深く理解する絶好のチャンスとなりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年7月20日のニュース