麻生氏の「民度」発言 今田耕司が推測「裏でリハしてる ネタを試してると思うのよ」

[ 2020年6月20日 12:51 ]

今田耕司
Photo By スポニチ

 お笑いタレント今田耕司(54)が20日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演し、4日の参院財政金融委員会での麻生太郎副総理兼財務相の「民度」発言についてコメントした。

 麻生氏は新型コロナウイルスによる感染者、死者が少ないことについて諸外国から問い合わせを受けた際、「『うちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』と言うとみんな絶句して黙る」と答えたことを明かし、批判を浴びた。

 この発言について今田は「喜ぶと思ったんかな?『よくぞ言ってくれました』みたいな反応を思っていたとしたら、舞台で言ったらダダ滑りやこれ」とコメント。「絶対裏でリハしてると思う。ネタを試してると思うのよ。周りの人が『あはははは』言うてん。『そうですよね』みたいな。政治家の人の失言って、裏で試して誰かがウケてると思う」と推測した。

 「民度」という言葉の使い方について、杉村太蔵氏(40)、「笑い飯」哲夫(45)ら、パネラー陣が激論を繰り広げた。ほんこん(57)は「『強制権のない“お願い”で国民が頑張ってくれたから、うちの国民は民度が高かったと思ってるんです』という言い方をしてたら良かったんちゃうの?」と正論を口にした。

 さらに元読売テレビ解説委員でキャスターの辛坊治郎氏(64)が「他の政治家が同じこと言ったら大炎上しても、麻生さんだから『また麻生さんやからしゃあないな』で済んでしまう。麻生太郎さんという人は、世界で初めて何を言っても大丈夫な政治家だと思う」と発言。あまりのぶっちゃけ発言に、今田は「そんなことない。辛坊さん、間違ってますよ!」とクギを刺していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年6月20日のニュース