藤田ニコル 自らの言動振り返りポツリ「気を付けよう」

[ 2020年6月20日 22:58 ]

モデルでタレントの藤田ニコル
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの藤田ニコル(22)が20日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「藤田ニコルのあしたはにちようび」(土曜後7・00)で、自らの言動に反省する一幕があった。

 トーク中、「他人へのマウンティング、困ったふりスタイルがトレンドに」といったニュースが話題に。マウンティングとは自分の立場が相手より上であることを示すこと。単なる自慢ではなく、困ったふりをしながらにおわせ自慢することがはやりであるという。

 このスタイルは「海外出張続きで時差ボケで死にそー!」など、困ったふりをしつつ、自分のスペック(能力)の高さをチラ見せするというもの。「にこるんの周りに(こんな人)いますか?」と質問されると、藤田はモデル仲間の一人を取り上げて説明。その子は「表紙(撮影)が近づいてくると、『大事な撮影があるんだよね』『ネイルとか髪とか変えないといけないから』」と言って、お誘いを断るのだそう。「大事な撮影イコール表紙だから、こっちは“くやしーっ”て思うじゃん」と、雑誌モデルならではの“あるある”を披露した。

 その後、自身のツイッターで「今年、ホントに(肌が)白すぎる。早く日焼けしたいなーっ」「顔にほくろないけど、首のほくろ好き」とつぶやいたことを気にする藤田。「普通の人からしたらホント腹立つつぶやき方しちゃったかもしれない」と、フォロワーの心情を気づかって見せた。

 表紙を勝ち取ったモデル仲間と、自身の姿を重ね合わせ「(自分は)マウント女だわ、多分」と嘆く藤田。最後は「(これからは)気を付けよう」とポツリ。知らず知らずのうちにマウントを取ることのないよう、自らに言い聞かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年6月20日のニュース