福山雅治“好きなこと”の妄想プランは「集めて愛でる」「愛でるっていう程度の触りかたで」

[ 2020年6月20日 17:01 ]

歌手で俳優の福山雅治
Photo By スポニチ

 歌手で俳優の福山雅治(51)が20日放送のTOKYO FM「福山雅治 福のラジオ」(土曜後2・00)に出演し、今後挑戦してみたいことについて語る一幕があった。

 
 「定年退職した父が水を得た魚のように好きなことに取り組み、有意義に過ごしている」というリスナーからのメッセージに答える形で、福山は「人は好きなことをしたいし、好きなことをしている人を見るのが好きなんだよね」と私見を述べた。

 自身が好きなことの1つはギターであり、良いギターを集めていきたいが、もはや弾かなくて良いという。「好きなギターを集めて愛(め)でるというね。音を確認しなきゃいけないから多少は弾くんだけど、もうなんか愛でるっていう程度の触りかたで。それはありかな」と、妄想プランを打ち明けた。

 その他、やってみたいこととして、「前から言っているけど、すごい筋肉をつけてみたい。仕事のことを忘れて」と明かした福山。ガッチリ筋肉をつけるのであれば、今日は胸、今日は背中というように1カ所を追い込んで、1週間程度のローテーションで作るべきだとしながらも、「(自分は)やっぱりなかなか難しくてさ。仕事をしながらそれを維持している人たちは凄いなと思う」と吐露した。

 また、語学にも挑戦したいと言い続けて10年たってしまったという。これに福山は「なかなかね。こうやって『なかなかね』って言いながらまた10年たっていくのかな。イカンなぁと思いますよ。ちょっと何か変えなきゃなぁ」と嘆きつつ、反省していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年6月20日のニュース